どのように息子が同時に天と地にいるのでしょうか? ヨハネ3:13

これは、Google Translatingソフトウェアによって翻訳された元の英語の文書からの不完全な翻訳です。 あなたが英語を話し、あなたの母国語で人々の質問に答えるウェブ長官として働きたいのであれば、 翻訳の正確さを向上させるためにお手伝いしたい場合は、私たちにメッセージをお送りください

「天から下った者、天にいる人の子」を除いて、誰も天国に上ったことはありません」。ヨハネ3:13(ISV)

遍在している神のみが、天から下って、化身の中にいる人間になると同時に、天には変わらないまま残っていると言えるでしょう。 ジョン 16:25 とイザヤ 45:14 -15は、イエスが、多くの場合、真の男として、「私たちと神」としての彼の正体をベールに彼incarnationalタイトル、神と人の子の子を使用したことを証明します。

イエスが神としての真のアイデンティティを明白に宣言していたならば、神としての人格としての神の権利と特権を「空にしていない」であろう。 フィリピ2:5-9は、世の罪を取り除くために、神の子羊としての使命を果たすために、イエスが自分自身を空にし続け、地上の使命の中で自分自身を謙虚にしたことを証明しています。

三位一体の学者の中には、キリストの完全な神格を否定したアリア人やセミ・アリアンが、イエス・キリストと呼ばれる人が天と地に同時にいると述べることは困難だったので、ヨハネの手紙第3章13節にさまざまな写本がある。

したがって、一部の写本では、「天にいる」という言葉の省略は、ニカイア協議会の時代の半分以上のキリスト教徒の集団の半分以上であったセミ・エリアンのコピーライターの影響から生じた可能性が高い 325(JaraslovPelikanは、すべての残りの部分は、天皇に挨拶式に署名し、彼らは常に持っていたとして、右教えに行きました」、書いた。それらのほとんどのケースで、これはどこかアリウスのそれとアレクサンダーの間、キリストの教義を意味しました(セミ・エイリアン主義)」 - カトリックの伝承の出現、第1巻、203ページ)。

彼らは息子が (原産地は、多くのセミの一つであった 遍在することができアローン高き神ではなかったと考えられているため、半アリウス派とアリウス派は、「人の子」の後に「天にある」という言葉を省略する必要性を感じているだろう しかし、我々は彼らと持っていないのではなく、私たちとの完全な合意ではない信者の群衆の中からいくつかがあるかもしれないこと、およびincautiously 救い主が高き神であることを主張する人」、グラントを書いた-Arians原産地、コントラセルサス8:14) -彼は、「「私を遣わした父は、私よりも大きい」と言ったときに彼を信じてい ます。


ヨハネの福音書第3章13節では、エリコットのコメンタリーは「天にいますか」と書かれています。これらの言葉はシナイアとバチカンを含む一部のMSSでは省略されています。 ほとんどの現代編集者(WestcottとHortを除く)の判断はそれらを保持しています。

コピーライターによる挿入を説明するのは難しいが、見た目の難しさのために省略される可能性は低い。


「天から下った者、天にいる人の子」を除いて、誰も天国に上ったことはありません」。ヨハネ3:13(ISV)

ほとんどの三位一体論は、ヨハネ3章13節が、イエスが天に一度も神の属性を残さなかった遍在する神であり、同時に彼が人として地球に住んでいたことを証明していることを立証しています。パルピットの解説は、「彼は自分自身を「人間の息子」と呼んでいます。そして、彼は以前と同じように止まらずに天から降りたと主張しています。


ギルの解説は、「天にいる人の子でさえ、 それと同時に、彼は地球上にいた:彼は彼の人間の本質の天国にいたわけではない...彼の神の性質の中で彼に適切だった。 そのようなのために遍在である、またはそれと同時に天と地にあるように ...」

フィリピンの2:7のキノシスの見解を保持する少数の三位一体の学者は、化身が生まれた後、息子が天国での遍在を保持していることを実際に否定している。

(ヨハネ3時13;ローマ8:9;ヘブル13:8) このようなビューは、経典は神のように、イエスが同時に天と地の上にあったことを教えるために問題がある 、と神は不変の神を失うことはありませんことを属性 (マル3:6;ヨハネ8:58;ヘブル13:8) 私たちを救うために人間になることにしばらくの間、神であることを中止します。

それゆえ、息子の神が、化身の間に天国の全地位を放棄したと信じている人々は、完全に支持されない地位を握っています。


もしイエスが真の男として「私たちと一緒にいる神」としてイマヌエルでないならば、なぜイエスは天から下って来て、人として地上に住んでいたのに(今も)天にいたと言いましたか? 同時に神の唯一の神のみが天と地にいることができます。なぜなら、神の神の特質は創造された人によって保持できないからです(イザヤ46:9「私は神であり、私のような人はいません」)。

その他の記事

無料書籍の場合

ビデオティーチングについては、YouTubeのYouTubeチャンネルに登録してください

Recent Posts

See All

C O N T A C T

© 2016 | GLOBAL IMPACT MINISTRIES